« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

MELODY 10月ライヴ・スケジュール

【 MELODY 10月 ライヴ・スケジュール 】

201610a4

2016年9月14日 (水)

『還暦ライヴ』ナニワエキスプレス

先週、大阪ビルボードクラブで"ナニワエキスプレス還暦ライヴ″を楽しんだ。

Tv_2041

2年振りのビルボードでのライヴ、しかも青柳誠を除く4人が今年還暦というおめでたいライヴ。

このグループとの付き合いは古い、実に古い!来年結成40周年ということなんだが、その結成前からお付き合いがある。初のホール・コンサート(旧:大阪厚生年金中ホール、現:オリックス劇場)もしっかり見て来た。

Tv_2042

(開演直前-青柳誠が体調不良でダウンするハプニング)

自分自身のザ・メロディもメロディハウス時から通算すれば同じ40年、つまり〝ナニワエキスプレス″が歩んできた歴史は自分自身の歴史だ。

特にリーダーの清水興(ベース)とはプライベートでも話し合う機会が多く、多忙の中よくメロディに顔を出してくれる。

Tv

(4人トリオで活躍中の長男と)

"還暦ライヴ"客席が中年オヤジ中心に埋め尽くされ熱気に満ちていた。

Tv_2038

清水興のベースはますますグルーヴ度が高まり、東原力哉の名刀正宗のような切れ味鋭いドラムはダイナミックだし、岩見和彦のハートフルなギター、中村建治のケンジーターも健在、センス抜群のサックス&ピアノが光る青柳誠、5人のパフォーマンスは最高やった。

彼らのライヴはいつ見ても元気を注入され、まだまだザ・メロディやらんなーと奮い立たせくれる。

2016年9月10日 (土)

ディック・セント・ニクラウス

1980年前後の大阪洋楽シーンは実にホットやったね。

The MELODY、当時は大阪心斎橋東清水町白水社ビル一階奥で輸入盤専門店Melody Houseでした。

振り返ればいっぱい想い出があるのだが、一番インパクトがあったのは「関西地区限定発売」なるレコード業界初の試みやろう。音楽(洋楽)に拘わる人たち、レコード会社、ラジオ局、レコード店の人たちがホンマに音楽が好きで一生懸命取り組んでいた時代やったと思う。

Zap2_g2803287w

「関西地区限定発売」の経緯は音楽評論家上柴とおる氏がアルバムのライナーノーツに書かれているので一部を紹介しておきます。

Tv_2018

最近、しばらく廃盤となり入手困難だったディック・セント・ニクラウスの「マジック」が再発され、しかも1080円(税込)という安価で入手可能なのだから、この機会に入手されることをお勧めする。

Tv_2044

Melody House からヒットになったのというのでディック・セント・ニクラウス本人が来訪した時(1980年4月)はえらい騒ぎになったもんや。

Tv_2043

仕掛け人3人組-EPICレコード山本氏(中央下)音楽評論家故白藤丈二氏(左) 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »