« 鰻谷一のダンディ・アンクル | トップページ | ナニワ・エキスプレス1982年ライヴ »

2011年1月14日 (金)

熱帯ジャズ楽団 VS ナニワエキスプレス

凍りつくぐらい冷える夜遅くホットな二人のミュージシャンが現れ、俄然熱い会話の応酬となり深夜まで続いた。

メロディのブログにもよく登場"熱帯ジャズ楽団"のカルロス菅野サンと"ナニワエキスプレス"の清水興サン。二人の2ショットはなかなか有りそうでない。

Image188_2

旧知の仲の二人、一方はラテンであり一方はゴリゴリのジャズ・ファンクと演奏スタイルは違えどプロ・デビュー前からの仲間同志。メロディとの付き合いも30年越える間柄だけに遠慮なしのノーガード・トークとなった。

今でも記憶が鮮明な1982年ナニワエキスプレスのレコード発売記念コンサートが四ツ橋厚生年金中ホールで行われたのだが、その時カルロス菅野サンはパーカッションで参加していたエピソード。

1990年代アメリカでオルケスタ・デ・ラ・ルスが大ブレイクした秘話などなど・・・。話が延々と尽きることなく続き、熱いセッション大会となりました。

/////////////////////////////////////////////////////

★★★ メロディ この一枚 (VOL.5) ★★★

メロディ店主がコレまでの30年越えるレコード屋人生での独断と偏見による思い出アルバム。

STUFF / Stuff!

Stuff

1978年初来日時。当時プロモーター大阪ユニバーサルの確か遠山さんだったと記憶するが電話が入る。

「モリモトさん、どこかリハーサルするスタジオ紹介してくれませんか」と。

その頃、親交のあった南森町のあるスタジオを紹介する事に。

来日しコンサート前の軽いサウンド・チェックを兼ねたリハーサルを見ましたなぁ~。こじんまりとしたスタジオの中で、しかも真ん前、目の前であのスタッフのコーネル・デュプリ、エリック・ゲイル、ゴードン・エドワーズ、リチャード・ティー、スティーヴ・ガッドが演奏するんですよ。

もう、興奮しましたわ!ホンちゃんのライヴよりも、このリハーサルの方が鮮明に憶えています。

そう云やこのメンバー達、休憩タイムに腹が減ったとかでカップヌードルを美味しそうに食べてましたわ。ものすごく印象に残っています。

« 鰻谷一のダンディ・アンクル | トップページ | ナニワ・エキスプレス1982年ライヴ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405285/38441722

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯ジャズ楽団 VS ナニワエキスプレス:

« 鰻谷一のダンディ・アンクル | トップページ | ナニワ・エキスプレス1982年ライヴ »