« メロディ秋の珍事だ | トップページ | 糸川センセイと磯部サン »

2010年10月12日 (火)

こんな贅沢なライヴはおまへん

熱帯ジャズ楽団のリーダーでありパーカッション奏者のカルロス菅野さんとアロージャズ・オーケストラのギタリストでありジャズ・ウクレレ奏者の中村たかしサンが二人で来られる。

このお二人の共通点、判りますか?

答え→お二人とも大阪芸大の先生なのです。

「一度、二人でメロディへ行こう。」で、芸大での帰りに来て頂いた。さすがトップ・ミュージシャンの話は奥深く興味のある話題満載でした。

優れたアレンジャーの適性の話題に移り、トロンボーン奏者に優れたアレンジャーが多くいるという。あの人、この人とすぐに複数の名前があがりました。いや~メロディも気が付きませんでしたね。

最近カルロス先生はウクレレに関心が高く、一本買ったとか。

で、店にあるウクレレを弾き始めると中村先生とのセッションが始まりました。中村先生が多彩なテクニックをカルロス先生に伝授すると、カルロス先生のみ込み早く弾きはります。「いや~、お見事!」

今夜のライヴのお客はメロディ一人、これほど贅沢なライヴはないでしょうな。楽しい秋の夜になりましたわ。

Image132 (中村さんからCDをプレゼント、そしてサインをもらいカルロスさん素人さんみたいに喜んでました)

« メロディ秋の珍事だ | トップページ | 糸川センセイと磯部サン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405285/37206892

この記事へのトラックバック一覧です: こんな贅沢なライヴはおまへん:

« メロディ秋の珍事だ | トップページ | 糸川センセイと磯部サン »