« マリーナ・ショウとの再会 | トップページ | バッキー井上クンと藤山直美さん »

2009年8月16日 (日)

夜の京都でホット・ライヴ!

去る14日(金)京都RAGへ。

この夜は『土岐英史4DAYS・3 Twin Guitar SESSION』。

サックス奏者土岐サンのRAG4DAYSの3日目です。旧友であり30年来親しく付き会う清水興クン(浪花エキスプレス)に声を掛けて頂きました。

メロディが一番興味を持ったのは、土岐サンをサポートする強力メンバーの顔ぶれです。

メロディが困った時にいつも丁寧なアドバイスを頂戴する佐橋佳幸サン(G)、最近シミちゃんがバンド組む「クラブパンゲア」から話題の女性ギタリスト安達久美サン。この二人のギタリストをフィーチャーし、土岐サンのロマンチックなサックスは勿論、山下達郎バンドから難波弘之サン(Key)、小笠原拓海クン(Ds)、そしてシミちゃんのベース。要するに、達郎バンド+クラブパンゲアの混成チームでした。

メロディはシミちゃんと佐橋さんが同じステージでライヴする、もうこれだけでゴキゲン、ゴキゲン、ゴキゲンなのです。

佐橋さんがヴォーカルを取るクラシックス・フォー1968年の大ヒット「スプーキー」、この曲をカヴァーするセンスの良さ、そして佐橋さんのコチラのハートにぐにゅッとくるギターもよろしいなぁ。もう、絶妙ですわぁ~。

また、シミちゃんの頭に巻いた阪神タイガースのタオル、イケテましたでぇ~。

20分間の休憩はさみ、たっぷり2時間。RAGのようなライヴハウスならではの笑いと感動のステージ、しっかり100%、いやいや200%楽しみましたよ。

最後に、ドラムスの小笠原拓海クン、目茶苦茶上手い!ほんまに上手い。この彼、要注意でっせ。

090816_2011 (すっかり写真を撮るのを忘れてましたわ、RAGサンのマンスリーでご勘弁を)

« マリーナ・ショウとの再会 | トップページ | バッキー井上クンと藤山直美さん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405285/30982455

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の京都でホット・ライヴ!:

« マリーナ・ショウとの再会 | トップページ | バッキー井上クンと藤山直美さん »