« クリスマス・イブはラジオ出演 | トップページ | 岸和田の暴れん坊物書き »

2007年12月31日 (月)

訃報「寂しいなぁ~、てっちゃん。」

070703_1847訃報・・・。

メールが入る。

「てっちゃんが亡くなりました」と。

加賀哲哉との初めての出会いは1970年代の末だったと思う(古い付き合いやなぁ)。心斎橋/清水町・白水社ビルの奥でメロディハウス時代です。

「ロスから、今帰ってきてん。元気?」が挨拶でした。いつも、どこか危ない雰囲気と人なつっこい笑顔の微妙なバランスで「なんかレコード頂戴や~」(おねだりです)。

現在のザ・メロディになっても変わらず「なんかCD頂戴や~」と現れました。この数年は、夏前になると必ず現れてアロハシャツを買ってくれました。永遠のロック・ミュージシャンのアロハの着こなしは、見事でした、100点満点でした。格好エエンです。ベスト・ドレッサーや。

加賀哲哉は1965年地元大阪のバンド加藤ヒロシとリンド&リンダーズのリード・ヴォーカルとしてデビュー。テレビ・ラジオなどで大活躍、アイドルでした。後輩のジュリーよりも数段格好よく、人気絶頂でした。

最近は体調も悪く、あまりいい状態ではなかったのですが、ステージに立ちギターを弾く姿はビッシーと決めてました。白の大き目のワイシャツ襟を立てて、とんがりブーツで背筋もピーンとしてました。さすが、永遠のロック・ヴォーカリストや。

最後に遭ったのは今年の7月。トリイホールでの下田逸郎と桑名正博のライヴを無理やり誘いました。開演間際にアロハ姿で現れましたが、ちょっとしんどそうでした。難波から千日前まで歩くのがやっと、と言います。「肺がよくなく呼吸するのがしんどいんや」と言いました。僕の前の席に座ってもらいました。永遠のロック・ヴォーカリストの背中は下田逸郎の横揺れと、桑名正博の力強く唄う「月のあかり」を楽しんでましたわ。打ち上げにも来てもらい、深夜まで飲みましたが「もう、しんどいので帰るわ」と、静かにエレベーターに乗って行きました。

お正月2日にお通夜、3日10時から葬儀。京都/岡崎、金戒光明寺蓮池院で行われます。

てっちゃん、来年もアロハ買って貰おうと思ってたのに・・・寂しいわ。

« クリスマス・イブはラジオ出演 | トップページ | 岸和田の暴れん坊物書き »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405285/9648326

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報「寂しいなぁ~、てっちゃん。」:

« クリスマス・イブはラジオ出演 | トップページ | 岸和田の暴れん坊物書き »