« 続、毎日放送"増井孝子のラジオの達人"出演決まる | トップページ | 雑誌ミーツ・リージョナル11月号掲載中 »

2007年9月25日 (火)

喜界島のウクレレ・ドクター

久し振りに喜界島のウクレレ・ドクターこと勝田先生(80歳)がご来店。070923_1852

奄美大島の南に浮かぶ喜界島ご出身のドクターは、現在同島の総合病院の院長をされている。なにかとマスコミでも取り上げられる離島の医者だ。なんせベット数が100ちょっとで医者が一人に研修生が一人程度、朝の外来から緊急患者までみるというから過酷な日々を過ごされている。

10数年前に当店に来られてからのお付き合い。当時、四天王寺で小児科を開業されていたのだが体調も悪く廃業。毎週末になると来られ、カウンターでお茶を飲みながら持参のウクレレを弾いて遊んでいらっしゃいました。弾くだけでは、ということでウクレレ教室をスタート。若い女のたちを中心に楽しいウクレレ教室となりました。

故郷喜界島の病院の医者が不足というので、軽くお手伝いで行かれたのだが。なんのこっちゃ院長にされてしまい、7年余り。一ヶ月の半分を大阪で、半分を喜界島での予定だったのが、どっぷり喜界島の方が長くなりました。さすがに最近はお疲れの様子で、少し心配です。

ドクターは、大変なウクレレ・コレクター。数え切れないぐらいお持ちで、当店にもドクターの高価なウクレレを預かり、ウクレレの弾ける人たちが来れば弾いて楽しんでいる。070925_1741

そのドクターも80歳、もういいでしょう。そろそろ過酷な離島のお医者から引退できないものかね。どなたかいらっしゃいませんか、お医者さんわ。

ドクターのコレクション"Sonny D"ウクレレ

« 続、毎日放送"増井孝子のラジオの達人"出演決まる | トップページ | 雑誌ミーツ・リージョナル11月号掲載中 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405285/8103957

この記事へのトラックバック一覧です: 喜界島のウクレレ・ドクター:

« 続、毎日放送"増井孝子のラジオの達人"出演決まる | トップページ | 雑誌ミーツ・リージョナル11月号掲載中 »